クラミジアの治療薬:ジスロマックの効果と副作用

ジスロマックの効果

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質で、感染症の治療に使われています。
感染症は原因菌に感染した後にその細菌が増殖する事で症状が出ます。
細菌が増殖するには、タンパク質を合成しないといけません。
ジスロマックはタンパク質の合成を阻害するので、細菌の増殖を防いでくれます。
ジスロマックの主成分のアジスロマイシンに感性のある細胞にだけ作用するので、副作用のリスクはあまりありません。

クラミジアの治療薬としても使われています。
クラミジアトラコマティスという病原菌に感染するとクラミジアになります。
近年では、10代から20代の男女を中心に増えている感染症です。
クラミジアは感染しても自覚症状がないので気付きにくいです。
感染者は2次感染を含めると日本では男女を合わせて100万人以上もいると言われています。
ジスロマックを服用すれば、クラミジアが治るだけではなく2次感染を予防出来ます。

ジスロマックの飲み方と服用期間

ジスロマックの使用方法は症状によって違います。
クラミジア感染症の場合だと、使用方法はアジスロマイシンとして1回500mgを2錠服用するだけで90%完治すると言われているほど効果が高いです。
胃腸が弱い人などは3日間に分けて服用する場合があります。

ジスロマックは食前か食後かいつ服用すれば良いのか分からないという人もいるでしょう。
ジスロマックを服用するタイミングは食前や食後どちらでも問題ありません。
ですが、出来るだけ空腹の時に服用した方が効きやすいです。
ですので、食後の場合は2時間ぐらい時間を空けましょう。

ジスロマックは、効果が高く服用回数が少ないのが特徴です。
治療に必要な量を服用すれば1週間から10日ほど効果が続きます。
クラミジア感染症の治療は、ジスロマックを服用してから大体1ヶ月後に再発検査が行われます。
再検査の結果が陰性だった場合は完治したという事です。

ジスロマックの副作用

ジスロマックは他の抗生物質に比べて副作用が少なく、ほとんどが軽い症状のものばかりです。
一般的な副作用として下痢や胃痛、吐き気などが報告されています。
特に多い副作用は下痢です。
しかし、下痢はジスロマックだけの副作用ではなく、全ての抗生物質に見られる副作用です。
ですので、胃腸が弱い人などは気を付けないといけません。
下痢がひどい場合は、医師に相談して整腸剤を処方してもらうと良いでしょう。

ごく稀に重い副作用になる場合があります。
例えば、アナフィラキシーショックの初期症状です。
息苦しさや蕁麻疹、顔面蒼白や意識の薄れなどの症状が現れたらすぐに医師の診察を受けないといけません。
服用している期間に手足の痺れなどが続いている場合は、横紋筋融解症の初期症状の可能性があるので気を付けましょう。
他にも重い副作用はあるので、何かあればすぐ病院に行って診察してもらうのが良いです。

ジスロマックの購入方法

ジスロマックは一般的な通販サイトでは販売されていません。
薬局やドラッグストアでも販売されていないので、病院処方で手に入れるか個人輸入代行の通販サイトを利用するかのどちらかしかありません。
ジスロマックは病院処方で手に入れるのが一般的でしたが、薬代が高く診察料など別の費用もかかってしまいます。
ですので、最近では個人輸入代行の通販サイトを利用している人が多いです。

薬事法が改正されたので、薬を服用する本人が注文する場合なら海外から医薬品を購入しても良いと認められています。
違法な方法ではないので、安心して利用しましょう。
個人輸入代行の通販サイトは難しい事が一切なく、誰でも簡単に購入出来ます。
処方箋を書いてもらう為に性病科に行く必要がないのは大きなメリットでしょう。

個人輸入代行の通販サイトで注文した場合は海外から直接発送されます。
その為、商品が届く期間は最短でも1週間ぐらいかかります。
ですから治療の為にすぐ使用をしたいのであれば事前に注文して用意しておく必要があります。

通販でジスロマックを買うなら発送が早いこちらも良いです。価格も相場通りなので、そういった面でも納得して購入することが出来るでしょう。