ヘルペスの治療薬:ゾビラックスの効果と副作用

ゾビラックスの効果

ヘルペスウイルスが原因となるヘルペスは、放置しておいてもウイルスが更に繁殖して悪化する一方で自然治癒することはありません。
症状が出てきたときには早めに病院で診てもらい、薬を処方してもらうようにしましょう。

病院で処方される抗ウイルス薬の中に、ゾビラックスがあります。
ヘルペスの薬の中でも最も古くから使われているもので、内服薬の他、軟膏や点滴薬もあります。最も値段が安い薬でもあります。

有効成分のアシクロビルがヘルペスウイルスの生合成を阻害することで増殖を最小限に抑えてくれるのです。
ゾビラックスの抗ウイルス効果は口唇ヘルペスや性器ヘルペスだけでなく、角膜ヘルペスや水ぼうそうなどにもおすすめです。
症状が出始めのできるだけ早い段階で服用することで、病状からの回復が早くなります。
ヘルペスというのは一度治まったと思っても何度も再発する病気です。そのため、いつも手元にゾビラックスを置いておくことをおすすめします。

ゾビラックスの飲み方と服用期間

他の抗ウイルス薬よりも少し安いゾビラックスですが、吸収効率が悪いというデメリットがあります。
そのため、使用方法としては1日5回は服用してください。
中には1日2回の使用方法で済むという薬もあるため、少し面倒かもしれませんが、服用を続けることで性器ヘルペスや口唇ヘルペスであれば5日間という短期間で効果を得ることができます。
ただし、初感染時はヘルペスの症状は重くなるため1週間から2週間と服用期間は長くなります。医師の指導の元、用法用量を守るようにしましょう。

5回服用の間隔ですが、食前食後どちらもというわけではなく、だいたい4時間くらいあける間隔で、できれば食前よりも吸収効率のよくなる食後を意識して服用しましょう。
それによりアシクロビルの成分がヘルペスウイルスを抑えてくれるので症状が治まっていきます。
とはいえ、ゾビラックスを含め、現代の抗ウイルス薬にウイルスを死滅させる効果はないため、あくまで増殖を抑えてくれるのみです。

ゾビラックスの副作用

ゾビラックスを服用することでの副作用も報告されています。
主な症状としては、腹痛や下痢・貧血・発熱・発疹・じんましん・かゆみなどです。
もしも症状が現れた場合には医師や薬剤師に相談するようにしてください。

ごく稀にですが、重篤な副作用が起こる可能性もあります。
呼吸困難や動悸・発熱やむくみ・幻覚や痙攣などはそれぞれ、アナフィラキシーショックや血液障害・急性腎不全・精神神経症状など大きな病気の初期症状である可能性もあります。
すぐに服用をやめて急いで医師の相談を受けるようにしましょう。

副作用を起こさないためにも、用法用量を守って正しく使用することが必要です。
多めに服用したら症状が早く治まって楽になるというわけではありません。むしろ、副作用の危険が高まるだけです。

妊娠中や授乳中の方や、他にも常用している薬があるという方は事前に医師に相談しておいてください。

ゾビラックスの購入方法

ヘルペスは一度治まったとしてもヘルペスウイルスを持っている限りは免疫力が低下してきたときなどに何度も再発します。
そのたびに病院で診察を受けて処方箋をもらうというのは大変です。そのため、通販サイトを利用して手に入れることをおすすめします。
ゾビラックスの内服薬の場合はドラッグストアなどには置かれていません。

通販であれば24時間いつでも購入可能です。診察料や病院までの交通費を節約することもできます。
それに、まとめ買いすることもできるため、いつでも常備しておくことができるでしょう。
再発して症状が悪化する前にすぐに服用してウイルスの繁殖を抑えることができるのです。
性器ヘルペスなど恥ずかしい性感染症であってもインターネットを利用して手に入れるのであれば、プライバシーを守ることができます。

ウイルスが関係する病気のため、恥ずかしいからと放置していても治ることはありません。
何らかの方法でゾビラックスを手に入れて早めに対処することをおすすめします。