ヘルペスの治療薬:バルトレックスの効果と副作用

バルトレックスの効果

バルトレックスは、ヘルペス菌によって発生する口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水疱瘡や帯状疱疹にかかった際や造血幹細胞移植における単純ヘルペスウィルス感染の発症抑制を目的に処方される、治療効果の高い薬です。
ヘルペスウィルスの増殖を阻害することで効果が得られますので、病原体が異なる他の疾患に対しては効果が発揮されません。

バルトレックスは、単純ヘルペスに対する治療効果だけではなく、再発予防の薬としても効果が期待されます。
開発段階での臨床試験でも高い有効率が実証されており、正しい使用方法を守って服用することで、ほとんどの方が確実な治療の効果を実感できます。
ただし、バルトレックスにはヘルペスウィルスを完全になくす効果はありませんので、服用をやめた場合の再発リスクから逃れる事は難しくなります。
ヘルペスウィルスを根絶させる薬はまだ開発されていませんので、現在のところヘルペスウィルスに最も効果のある薬と言えます。

バルトレックスの飲み方と服用期間

バルトレックスの服用期間は5日間となっています。できる限り発症初期に服用をすることで、確実に効果を得る事ができます。
ただし、この期間より早く効果があらわれた場合であっても、必ず期間を守ることで体内に潜伏している菌に対抗し再発リスクを低めてくれます。
服用を中止したい場合であっても、自己判断はせずに医師や専門家の指示を仰ぐことをおすすめします。

また、初めてヘルペスを発症した場合や、発見が遅れ重篤化してしまった場合など、この期間内で効果が得られないことも多くあり、その場合は10日間まで服用期間を長くすることができます。
最も早く効果を感じるには、発症から24時間以内の服用が望ましいとされています。
ヘルペスの疑いがある場合はできるだけ早めに医療機関を受診すると良いでしょう。

使用方法は、口唇ヘルペスであれば、朝と夜に1回1錠を服用します。帯状疱疹の場合は、朝昼夜に1回2錠を服用します。
食前食後など服用のタイミングに決まりはありません。食後の方が望ましいですが、食前であっても問題はありません。

バルトレックスの副作用

バルトレックスの副作用として、特有と言える決まったものはありません。
ですが、服用者に比較的多く見られる症状が、頭痛、眠気などの意識障害、腹部不快感、下痢、吐き気などが副作用の可能性として挙げられます。
特に多いのが頭痛で、次いで眠気を訴える方が多いようですので、服用中の精密機器の操作や車の運転は避けることが望ましいです。

さらに、ごくまれではありますが、急性心不全やアナフィラキシーショックなどの症状が現れることもありますので、その際は早急に医療機関を受診してください。
腎臓機能が弱い方も、十分に成分を排出できない可能性がありますので、注意が必要です。
また、バルトレックスを服用中は、アルコールの摂取も好ましくありません。
アルコールの作用で、体内のアシクロビルの濃度が急激に上がり、これらの副作用が強くでてしまう可能性があります。
普段、アルコールに強い方であっても、服用中は控えることをおすすめします。

バルトレックスの購入方法

バルトレックスの購入方法については、医師からの処方を受け、処方箋対応の薬局などで購入します。
しかし、既に発症した経験があり、再発を繰り返している場合等は、バルトレックスを通販で購入してご自宅に常備しておくことをおすすめします。
バルトレックスは、ヘルペス発症から24時間以内に服用することで効果をより早く得ることができますので、医療機関を受診しに行く時間が無い時にも、自宅に常備しておくことで、素早い対処をすることができます。

しかし、病院で常備用のバルトレックスを処方してもらうことはできませんので、通販を利用して手に入れることしか対策できません。
バルトレックスは、海外から直接輸入することができますので、医師の処方箋なしでも購入することが可能です。
なお、バルトレックスの主成分であるバラシクロビルとして販売されている通販もあります。
バルトレックスとして販売されている場合も、主成分にバラシクロビルが含まれているか確認しましょう。